« 返り咲きアジサイ、新品種? | トップページ | 大人の愛・・・「アバノの再会」読んで »

人間の「ゼロ」を裁けるか・・・映画「ゼロの焦点」

人は誰しもが”過去”を持つ・・・そして過去を積みながら人生を歩む。しかしながら、過去は楽しい思い出や明るいものばかりではない。人に知られたくないうっとおしい過去や、暗澹たる過去もひとつや二つは誰にでもある。

ここにやはり触れて欲しくない過去をもつ人間がいた。戦後間もない東京。俺は戦後っ子だからその悲惨なものは知らないが、皆それぞれ生きて行くのに必死だった時代である。危ない橋を渡ったり、犯罪もどきまでやって生き延びてたことを聞く。

それが、安定した豊かな時代になって、いかがわしい過去に触れられたらどうだろう。増してや幸福の絶頂期に、己の過去を知る人物に出会ったらどう思うだろう。今の基盤が崩壊されかねない不安に陥るのは難くない。

ところが偶然は往々にしてあるものだ。己の忌まわしい過去を知る人間同士が再会する。その出会いがドラマの発端になり、事件が起き展開していく・・・これが松本清張の多いシナリオである。

ゼロの焦点」もまさしく、人間同士の忌まわしい過去をめぐって、その事が引き金となって人間ドラマが展開するのだ。そして思うのだ。一体誰が悪いのだ?あえて言うなら俺は時代が罪を負うべきではないのかと・・・・。

前述のように、あの時代は生きるのがやっとの時代、黙っていては死ぬのを待つだけ、そんな中では○○○のようにしてでも生きなければならなかったのだ。決してすべてを肯定はしないが、仕方のない時代だったと思う。

生きて行くにはそれしかなかった。これが出発点、つまりは「ゼロ」なのだろう。そして、それを深く掘り下げる・・・それが「焦点」なのだ。このタイトル本当にいい。「砂の器」も過去が原点となる、いくら過去を超越し名をなしても、所詮すぐに崩れる、まるでその幸福は砂の器でしかない。このタイトルもまた好きであるが・・・・果たしてあの混乱期に起こった、人の過去を誰が裁けるであろう。

| |

« 返り咲きアジサイ、新品種? | トップページ | 大人の愛・・・「アバノの再会」読んで »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人間の「ゼロ」を裁けるか・・・映画「ゼロの焦点」:

» 昭和の黒い霧・松本清張NO.44・・・映画「ゼロの焦点」(主演:広末涼子) [飾釦]
■製作年:2009年 ■配給:東宝 ■監督:犬童一心 ■主演:広末涼子、中谷美紀、木村多江、西島秀俊、加賀丈史、他 公開されたばかりの松本清張原作の映画「ゼロの焦点」を見ました。小説は既に読んでいるし、1961年に野村芳太郎監督によって映画化された作品や他にもテレビドラマ化されたものも直前に見ての、映画鑑賞となりました。へたしたらこの映画、テレビの特番との違いはどうなの?となりかねないのであります。なぜなら最近は松本清張の作品は、映画化そのものが久しぶり(25年ぶり)でテレビ特番として放送されるこ... [続きを読む]

受信: 2009年11月18日 (水) 22時14分

« 返り咲きアジサイ、新品種? | トップページ | 大人の愛・・・「アバノの再会」読んで »