« 1年限りのエンゼルトランペット | トップページ | こころを打つ”手紙” »

ブログと日記

ブログ始めてかれこれ1ケ月、もう毎日これを書かないと1日が終わらないようになった。誰が読んでくれる訳ではない。そう思いながらも、ひとつには自分の1日のケジメとしての思い。また、なかなか上達はしないもののの訓練もある。それに文章の作成練習もある。文章は、毎日書かないとリズムが狂ってくるし、短歌を作る上でも役立っていると思う。俺にとっては、このブログはつまり、いろんな訓練そのものなのである。

勿論、日記も書いている。高校生のころから書いてるので、こちらはもう40年以上になる。飲み会があったり、よほどのことがない限りはほとんど空白の時はない。二十歳過ぎ、ヨーロッパ旅行をしたことがある。約半月の旅だったが、このときは日記を持参したものだった。今でも記憶に残っているのが、飛行機に搭乗中に書いたことである。羽田を発って間もなく、初めての飛行機だったので落ちるかも知れないという不安の中、遺書を書く気持ちで記したこと・・・・今では懐かしくさえ思う(´,_ゝ`)プッ

50代ころからは3年連続日記、そのあとは5年日記である。5年日記だと5行しかないが俺は1行に2行書いている。従って細かな文字、後で見るとまるでミミズのライン。しかし、やはり日記も書かないと気が落ち着かないのだ。

書く内容はさほどのものでないことは当然のこと。然しながら、若い時分は人には言えない恋の悩み(/ω\)ハズカシーィもあったんよ。それに病気のこと、最近は人生の店じまいをどうするのかが多いのかな?若いと思ってるけどやはり歳は歳・・・・父親の享年だとあと12年だからな~まだまだ人生半分なんて、時々「湯原昌幸」の歌を車で聞いてるけど・・・後がないとは淋しいもんだよ

| |

« 1年限りのエンゼルトランペット | トップページ | こころを打つ”手紙” »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブログと日記:

« 1年限りのエンゼルトランペット | トップページ | こころを打つ”手紙” »