« 庭も主役が交代・・・「つわぶき」の花 | トップページ | きょうは娘の誕生日 »

警察小説あれこれ

今が「旬」の作家の一人・・・「今野敏(こんの・びん)」。いわゆる警察小説を書く作家である。俺は、今回この作家の「隠蔽捜査」を読んだが、ジャンルは警察小説と言いながら、実は舞台が警察であって、警察を企業に置き換えても読める。従ってこれは警察小説と言いながらも、実は企業小説と言ってもいいかも知れない。それは他ならぬ組織を守るには何が大切かがテーマだからである。

本書・・・ある殺人事件が発生するそして再び・・・・調べると被害者は実は元凶悪な事件の加害者であり、調べていくうちにやがてその被疑者として現職の警察官が浮上警察内は動揺する。主人公は竜崎伸也、警察庁長官官房総務課長である。折りしも息子の犯罪を知る。悩む彼に幼馴染でありライバルでもある、警視庁刑事部長伊丹がある助言?をする。自らの地位を守りたい、家族を守りたい、組織を守りたい・・・・・その為には、組織を守る為にはどうすればいいのか?相反する対立、どちらの方が家族を、警察組織を守るのか?記者や彼らの上司も登場して様々駆け引きが始まり内部で足の引っ張り合いもみせる。露骨なせめぎあいだ。それらのことを通して、読者に何が大事かを問いかけるようにして話が展開する。さて、結末は・・・・・?

かつて警察小説では、佐々木譲の今映画化されている「笑う警官」を読んだ。それに映画で大変な評判を呼んだ横山秀夫の「半落ち」。
半落ち」にはとても感動し、以来横山ファン。あの事件の背景には涙が止まらなかった。まるで松本清張の大好きな「砂の器」を連想させる内容であった。この「半落ち」や「砂の器」という社会的な背景とは違うものの、この「隠蔽捜査」は最後に「そうだよナ~そうでなくっちゃ!」と納得させ、どことなく心の救われた一冊であった。警察小説とはいうものの、一編の推理小説ではないのだ。

|

« 庭も主役が交代・・・「つわぶき」の花 | トップページ | きょうは娘の誕生日 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 警察小説あれこれ:

« 庭も主役が交代・・・「つわぶき」の花 | トップページ | きょうは娘の誕生日 »