« 美の国カレッジを受講して | トップページ | 孫が来た・・・ »

映画のこと・・・「カムイ外伝」「火天の城」

「カムイ外伝」

原作がコミックの忍者の話だ。ファンの小雪が出てるので鑑賞・・・さすが忍者ものと
あってスピード感あり、画面に躍動感ある。撮影には1年がかりだったとパンフにある。
最後の場面は圧巻、かつての椿三十郎を彷彿させた。忍者技あり、決闘シーンあり
息のつく間のない1本だった。小雪もまた、格好いい。結構時代物もあうんだな~って
ほれぼれと観た・・・・・

「火天の城」

こちらは、山本兼一の松本清張賞受賞の映画化。オーソドックスなスタイルの時代物、
でもこれぐらいのテンポが俺には丁度いい。

現在の金に換算すれば、総工費1,000億円かかっただろうと推定されている幻の
名城「安土城」。この城の建立を3年以内にと信長に命じれれた棟梁の岡部又右衛門。
その建立までの物語であるが、厳しい設計審査を踏んで、さまざまな試練をくぐって
とうとう建立するストーリィだ。だが、そこには当然主従との葛藤、上下とのせめぎあいも
ある。また、人間の深い絆、家族愛、人間愛・・・・やはり映画とはこれぞとばかりに
見せてくれる。圧巻は城の中心なるいわゆる大黒柱だが、完成間際に暴風雨により
ズレが見つかるのだ。ここがこの映画の最大の見せ場だ。そして棟梁の棟梁としての
最高の見せ場でもある。思わず俺はこの場面で、祈るような気持ちで成功を祈った。

一人の発案者がいて、それを実行しようとする者がいて、それを理解し
協力する者がいなければ、何事も成功はしない。それは、この安土城の建立に
限ったものではないだろう。つまり、夢を描いても決して一人ではできないと言う事。
そして、成功まではいろんな人の協力、妻や家族の理解、それをなくして成功はない事。

この「火天の城」はそんな多くの示唆を持った1級作品なのである
併せてスペクタル映画とも言えそうだ。昨年観た「紀元前」をも彷彿させた大石の移動など
かつての日本映画の時代物にはなかったように思う。それだけに迫力ある、そのシーンで
あった。

| |

« 美の国カレッジを受講して | トップページ | 孫が来た・・・ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画のこと・・・「カムイ外伝」「火天の城」:

» 「カムイ外伝」ストーリーが脆弱、CGはちゃっちい部分多し。 [soramove]
「カムイ外伝」★★★ 松山ケンイチ、小雪、伊藤英明、大後寿々花主演 崔洋一監督、120分、2008年、2009-09-19公開                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「忍びの世界で育ったカムイは 理不尽な殺戮や厳しい掟に縛られた忍びの暮らしを 自ら捨てるが、それは裏切り者として追われる日々の始まり、 器用な松山ケンイチがカムイになりきってます」 ... [続きを読む]

受信: 2009年9月30日 (水) 07時41分

« 美の国カレッジを受講して | トップページ | 孫が来た・・・ »