少しづつ・・・秋

明け方に雨があった・・・それでもほんの少しだけ。よって稲刈りがあちらこちらで始まった。コンバインの動いているのが見える。だが・・・俺は23日からと決めている。連休にカントリーへの搬入割り当てはされているものの、22日は割り当てなく、その前日は短歌会がある。俺の推薦を祝って、仲間がささやかな昼食会を準備してくれるという、だから区切りのいいとこで23日からと計画を組んだ。

きょうから連休だ。何事もなかったら娘が遊びに来る予定だった。ところが、このコロナ禍である。娘の職場では県内でも移動は極力避けてくれと指示があったらしく、遊びにも来れない。さらには息子の部活もあるようで、なかなか娘も自由な時間が取れないようだ。

Dscn6546

我が家では一番遅咲きのムクゲが咲いている。俺は新聞をじっくりと読み、そしていつものように昨日の新聞の切り抜きをし、整理した・・・郵便受けがコトンとなった。新聞社からの郵便物だった。開封すると先日に短歌で推薦をされたので、その賞状と副賞の図書券が入っていた。初めての推薦だったので、こんなことあったのかと改めて次も頑張ろうと意欲が湧いた。

息抜きに庭を歩いた・・・カメラを持って、目を凝らすと・・・

Dscn6539

ムラサキシキブの実が色づき始めている。この実は枝の元の方から色づくようで、先の方はまだまだ色づくのは先のようだ。フウチソウは穂を見せ始めていた。

Dscn6540

こぼれた種からのものだろう・・・ケイトウが鮮やかに燃えている。

Dscn6541

これまたこぼれた種から花を見せている。

Dscn6544

去年、プランターに植えてあったが、そのこぼれ種からのようだ。トレニアである。

Dscn6542

元気な斑入りのヤブラン。東京上野公園でもいっぱいあったナ・・東京に行きたいな~

先月、袋掛けしたブドウを収穫することにした。採ると少ししかない。これでは袋台にもならないな(* ´艸`)クスクス。でもこれでも自家産、ふたりでうまいな~そう言いながら昼食のデザートにした。それから今度はイチジクに網を掛けた。そろそろ鳥が狙っているようなので、わずか4個しかないのだが・・・

Dscn6549

Dscn6551

我が家の庭も少しづつ・・・秋になっている・・・

| | コメント (0)

雨の一日

そんなに強い雨ではないものの、ほぼ終日止むことなく雨が降った・・・

俺の籠り部屋の出窓にはオニヤンマが朝から”雨宿り?”部屋から撮ってみたが様にならない。

Dscn6450-2_20200918223501

そこで傘をさして外に出てアップした。

Dscn6454-3

子どもの頃は、こんなトンボを取ると凄いなと言われたものだ。今はこうしたトンボを見かける事が少なくなったから、ファインダーから覗いて何だか懐かしくなった(´;ω;`)ウッ…

雨だから外に出るのも嫌だし、ほぼ終日家の中。そこで本を読むことにした。アマゾンから取り寄せた1冊である。この作者の本は以前にも読んだことがある。読むと涙腺が緩む。

Dscn6538

この本もまた・・・ページをめくってすぐに目頭が厚くなってしまった。この本は帯にあるように、”本屋大賞第2位”になった1冊だ。タイトルは童話のような感じだが、若い女性が余命いくばくもなく、その最期をホスピタスで迎えると言う内容だ。シンプルなタイトル、ストーリィもまたシンプルと言えばシンプルなのだが、ジーンと胸に迫る内容だった。改めて生きている今に感謝することを覚え、涙を抑えきれなかった。

農業専業が今の俺だから、1日をどう使おうとも誰からも制約は受けない。まして雨ならば家の中にいる事になるから、肩身を狭くしないで堂々と読書が出来る。俺の頭だから、難しい本は読みたくもない。だからこうした本を手にする。本を読むことは、作歌においても勉強になる。表現の仕方などは本当にいい参考書でもある。

休んでいても”おやつ”が出る。ここはレモン島でもないし、ライオンのおやつも出ないのだが、本を読んで新聞広げて1日2回のおやつ+☕は最高の1日で、まるでこころのオアシスだ。きょうのおやつは、まちの新しい名物のひとつらしい。それも特産のイチジクが入っているもので、先日、新聞にも載っていたものだ。甘党と言う菅総理大臣に届けたらどんなに喜ぶだろう・・・?

Dscn6455_20200918230001

わが妻も根っからの甘党だ。糖尿病が怖いので出来るだけ甘いものを避けたいのではあるが、おれも甘党だ(ムムムムム・・・)それも辛党でもある。要は甘いものでも辛いものでもどっちでも良いと言う、食い意地の汚い大将なのだ。

俺の体格はほぼ菅新総理大臣と似ているのだが、似ていないのは頭の中だろう。ただ、いささか重いところがあって、それは体重だ。それもきっと甘党+辛党の両刀使いからか?どうやら俺の腹に似ている奴が、窓にへばりついている。この写真は昨日のものだが、明るい空をバックにして腹が透き通って見える。まるでレントゲン写真を見ているようで・・・俺の腹もこんな腹?(* ´艸`)クスクス

Dscn6477-2

おいおいみんな見えるぞ!

 

 

| | コメント (6)

嬉しい朝

ああ・・・来たな、一羽だ二羽だ、次から次に飛んでくるスズメを窓越しに見つめ、きょうがいよいよ草刈りも最終日だなと気を落ち着かせた。何しろすったもんだのあった昨日だったし、足の指を消毒しテープを貼ったこともあり、昨夜の入浴は止めていたから、起床しても何かが変な気持ちになっていて、それを飛んできて餌を食べているスズメたちに癒された・・・

Dscn6522

Dscn6514-2

新聞をきょうは特に第一面に「菅政権スタート」と大きな見出し、各閣僚も決まってその写真も大きい。それは特に秋田県出身の初の総理の誕生ということからも、特別扱いしているようだ。地元紙であれば当然のことだろう。様々な学者や見識者からもコメントが載っている・・・期待と失望・・・それぞれが載っている。

それから、きょうは”木曜日”なので「読者文芸」の紙面に目を移した・・・

👀そこには、俺の名前と写真(〃▽〃)ポッ。過日、その旨の通知とコメントを求められ、さらには顔写真も・・・そして、3日前には電話取材を受けたのだった。が、夢のような話でもあり、実際に新聞にアップされるまでは???・・・だから、新聞を見てホッとするとともに恥ずかしさも込み上げて来た。

Dscn6537-3

「新聞を見たおめでとう」と仲間や知人から電話が、メールが入った。方や農家の長男でありながら政権の座についているのに、俺は農家の長男でいつも愚痴っている。それでもこうして短歌で推薦を受けたことは励みだ。毎日まいにち土くさくなり汗みどろになっている俺。そのことを衒わず悶々と歌っている俺。それでも評価されれば嬉しいもの。たかが短歌、されど俺には短歌である。

もう〇年やって来た短歌。短歌を褒められても何の役にも立たない。折角、詠んでもああだこうだと批評される。人はなんでそれが面白いの?って言う。勿論、金にもならない、むしろ費用が発生し、時間を取られている。確かにそうだ。でも、短歌を詠んでいることから、花と言っても何という花?道端の草にも周辺の気配にも耳を澄ますことが出来たし、時にはそれで不満の代弁ともなった。

人の考えは様々であるし、様々であっていい。むしろそれがないと恐ろしくなる。人それぞれである。

日々に目標を持って生きたい、張りを持ちたい・・・今さらながらの今回の俺の投稿であったのだが、県内にあっては短歌の登竜門のひとつだ。これからも修練の場として、今後もしばらく投稿を続けよう、そう思っている。

Dscn6531

Dscn6532

バラは3番花、4番花になり花もだんだん小さくなっている。それでもバラはバラ。俺の日々に彩りを与えてくれ、癒されもする。花が終われば剪定していることが、こうして何度もなんども花を見せてくれるのだろう。そう思うと日々の小さな積み重ねが如何に大切な事なのか、大事な事なのかを気づかせてくれる。

秋の天気はなかなか落ちつかない。気まぐれとでも言うべきか。今朝も一時、雨が降った。稲刈りを計画していた人にとっては出鼻をくじかれた感じだっただろう・・・その雨、小降りながらも地面は濡れた。そして今度は日差しだ。従って、どこかしら蒸し暑い。気温も28度に上がったから日中は尚更だった。

Dscn6535

それでもそれでも「秋」

Dscn6533

我が家のシュウメイギクの白も咲いている。これに誘われたことではないだろうが、ノボタンも咲き出している。

| | コメント (15)

季節が動き、また・・・

日中はまだまだ暑いものの、朝夕はめっきり秋めいて来た・・

JAのカントリーは昨日から稼働したものの雨だったので、実質的にはきょうからの稼働になった。これに伴ってわが集落では稲刈りがスタート。ここに来て雨が多く、倒伏する稲が目立ってきた。ただ、雨が多いという事から、稲は活き活きしているように見える。果たして作柄はどうなのか、品質はどうなのか・・・気になるところである。

我が家の前の田んぼはYさんが耕作している。もう80歳になろうとしているのだが、コンバインに乗って稲刈りをしている。仕事がいのちというような人なので、この作業も張り切って進めているのだろう・・・

Dscn6507

Dscn6505

俺の稲刈りの予定は23日をスタートに組んでいる。カントリーに搬入の場合は、各集落にあらかじめ日程を示している。土日や連休等に集中しないように組んでいて、わが集落はきょうからなのだが、どうしても黄化の早い沿岸部から先に搬入する日程になっている。

誰もがもう刈取り適期になりつつあるので早く刈取って作業を終えたい。1日置くと登熟が進むので少しでも遅くという人もいる。だが、そうしている間に台風でも来たらそれどころではなくなる。だから皆々神経質になって来る。ただ、カントリーへの搬入する場合、天気云々ではなく、日程の通りに進む。雨が降ったら次の日程日まで待つことになる。それが嫌で個人で乾燥をする人もいる。

Dscn6494

Dscn6499

我が家のハギも咲き出して、枝を撓らしている。白はまだ花を見せていないが、アカハギ、ミヤギノハギは佳境だ。ハギがこうして花を見せると如何にも”秋”って思う・・・

俺は7月から行われている病院での医療講座へ。きょうが10回目、最終の講座だ。きょうは「タバコと健康長寿」、講師は某総合病院保健センターの職員だ。通常は人間ドック等の担当のようで、俺の知っている方がきょうの講師だった。ところが・・・俺の失敗談!今朝は慌ただしく出掛け、病院着が8:55.講座は9時からだ。駐車場に車を止めてマスクしようと車内を見回したが、持って家を出たのに・・・マスクがない!

そこで売店で求めていつもの場所に・・・時間すれすれだった(;´Д`)

講義は30分だ。終わってから〇階まで足を延ばし、この講座でいろいろお世話になったK保健師にあいさつに出た。そこでお礼を述べて今度は毎月診察を受けているH病院に。きょうは午前中で受付が終わるので急いで受診・・・自宅に帰ったら1:30だった。車庫に車を入れて、荷物を下ろした。下ろしたのだが・・・免許証がない、みつからない・・・

こんな時は第三者の目でみてもらおうと妻に頼んだ。そうしたらあった!俺はマスクも免許証も後部の座席に確かに置いたはずだった。病院の駐車場に?或いはそもそも後部座席に置いたのが思い違い??そう思ったりもしたが、何とドアの下側のもの入れにあったと言うのだ。そもそもそこに置いた記憶がないのだが・・・多分、カーブの際にでも横滑りしてそこに入ったようだ・・・でも、あってホッとしまた汗が出た(;´Д`)

実は恥ずかしい話・・・前回の更新までに免許証を2度も発行してもらっている。2度とも紛失しての再発行をお願いしたのだが、その後ひとつは出て来た。免許証は滅多になくすことはなく、しまい忘れが多いと言われたが、確かにそうであった。きょうも・・・ああ、また再発行となれば今度は注意だけでは済まないだろうな・・・シュンとしていただけに・・・良かった!

失敗談はまだあった。マスク忘れ?免許証置忘れ?次にあったのは夜だった。ネット注文の支払いにコンビニに出掛け、終わって軽トラに乗ろうとした時に・・・イタタタタ(´;ω;`)ウッ…タイヤハウスに左足の指先をぶっつけてしまった。しまった!と言ってももう遅い。足の長い?俺だもんな~爪がやられて出血・・・

Dscn6500

さてきょうは新しい政権が船出した。閣僚名簿を見ても特別新鮮味もないし、年齢の高さもあってかどこかやるぞ!っていう覇気も感じないのは俺だけ?どうみても前総理の顔色を窺った顔ぶれ?派閥の領袖を窺ったものとしか、失礼なのだがうつらない。やはり具体的な国家像を見せないし、理念もどうもまだ俺には理解できない。

Dscn6498-2

まあ、そうは言っても東北の寒村で生まれ育った、秋田県出身のはじめての内閣総理大臣だ。地元湯沢では熱気むんむんして歓迎されているようだし、俺も秋田県の一員として頑張ってほしいと願う。くしくもきょう開いた赤いミニバラ・・・新総理にささげよう、きらりと光る政治をして頂くことを、国民の目線を忘れないでと願いながら・・・

季節もはっきりと動いた、政治も動いた・・・きょうである。

| | コメント (4)

田んぼに出掛けようと軽トラに乗ったら・・・雨。大降りもなさそうなのでしばらく様子をみたのだが、細かな雨だが止む気配もないので田んぼ行きは止めて、トラブっていた💻を電気屋に持ち込んだ。その後、修理?終わったとの電話があったので、夕方に引き取りに出掛けた。やはり慣れないタブレットでは思うように記述も出来なかったし、写真の挿入も難しかったので、戻ってきてホッとし今夜はそれに向かっている(^^♪

電気屋からの帰り道、コンビニに寄って朝日新聞を求めて来た。我が家で取っているのは地方紙の”秋田魁新報”だ。地元紙ゆえに県内の事は詳しいのだが、時には全国版の新聞が見たいし、何よりも昨日の新総裁の扱いが気になっていたので、”朝日新聞”を求めて来たのだ。

第一面の記事はどちらも新総裁の誕生の記事・・・

だが、秋田魁新報ではさすがに新総裁の出身地という事もあって第一面の全面ににそのことが掲載されている。しかしながら、朝日新聞では第一面に1/3ほどだ。

Dscn6484

他面には、新総裁の誕生までの事が書かれていて、数回にわたって連載されるらしい。いずれも生まれた故郷のこと、苦学して大学を出た事等々載っている。ただ、農家と言えども我が家のような貧農の生まれではない。父親が行動派だったようで、満州から帰国後イチゴ栽培で成功し、農協組合長を50年もやっていたらしく、同時に町議も4期をやっていたようだから、比較的経済的には豊かだったと思う。

高校時代は目立つ存在ではなく、故郷を逃げるようにして上京したと言うような記述もある。新聞にはプロフィルも載っていて、年齢は71歳、身長167cm、体重65kg、血液型O型・・・等々これだけは俺とほぼ同じ。違うのは頭の中身と意志を持って上京したことが違う。俺は父の言うままに農業を継ぎ、夢も果たせなかった。しかし、新総裁は強いものを持っていたようだ。妻が言うには性格も似ているみたいと笑うのだが???・・・

Dscn6485

朝日新聞の”声”には、驚いたように俺と似たような考えを述べていたものがあった。つまり”自助”を言う前に”公助”だろうと・・・さらに気になるのが、大方は前総理の継承だ。勿論、継続し安定も大事だろうが、不安を抱きながらも変化することへの期待もあるからだ。他にもあるのだが、いずれ秋田県から初の総理大臣の誕生も間もなくだ。期待したい・・・

新総裁の出身地は色々と盛り上がっているようだ。きょうのNHKのニュースでもそれは報道された・・・

Dscn6491-2

上のような似顔絵の入った米も出たとの事。俺の同世代でもあるし秋田県でもあるので、この新総裁(新総理)の活躍を祈りつつ、併せて本県に活気が生まれる事を願うのみである・・・

下の写真は、俺が草刈りをしていた時に撮影したもの。まるで新総裁の誕生を祝うような虹がかかっていた。この虹が、祝うのもではなく、新総裁と国民の思いがつながるものであってほしいものだ。

Dscn6461-2

否々、田んぼに出て愚痴ってい、空威張りしている大将と違って、新総裁は一国の1億2千万人の大将になるのだから、理想とする国家像をきちんと持って、分け隔て無く国民の一人ひとりが心豊かな暮らしができるような政治を望みたいものだ。悪い所も良い所も見て来たといい、国民がおかしいと言うことは納得いくよう説明したいと言う、その言葉を信じたい・・・

| | コメント (6)

秋田の田んぼの片隅から

この頃天気が落ち着かない。間もなく稲刈りが始まると言うに、気掛かりな天気である。稲は後期、少しの雨や風にも左右される。あちらこちらで倒伏している田んぼが増えてきた。

今朝も雨…その後には曇り☁️。俺は依頼を受けていた「由利短歌」の四季集に載っている8人の56首から、各人の1首をとっての選評を書いた。それで午前を終わった‼️

午後からは昨日の続きの草刈りをした。ところが、あと一時間もすれば終わろうとしていたのに、雨が降ってきた。なかなか思うように、農作業は捗らない‼️

家に帰る途中に、ラジオからは新総裁が決まったとの事。この事はもう既に決まっていたようなもの、だから特段驚きもなかった。新総裁が秋田県出身と言う事もあって、出身地の湯沢市の一部では燃えたようであるが、今回は党員投票もなかったようだから、果たして民意がどこまで入っているかと思うと、党員ではないものの、素直に喜ぶ気にはならない。

ましてや政治理念に自助?が真っ先だ。政治とは各人が生き生きと暮らせるために施策を講じなければならないのだと俺は思う。自助を真っ先に求めることは逆だろう、そう思う。

Img_20200914_221946_burst001_cover

同じ団塊の世代だ。大志を抱き、苦学し、底辺で暮らしたらしいから、たたき上げとの事、さらには世襲でもなく地方の議員もしたようだから応援したいのだか、その割には失礼ながら国民目線をもっておいでなのか、気になって仕方ない。

 

水は方円の器に従うと言う。新総裁は新総理大臣になるはずだ。言わば国民の器になるのがその立場だ。1国民として、このあとどのようにして、リードしていくのか注視したいと思う。

農作業をしながら、折々愚痴っている俺とは比較出来ない雲上の新総裁の活躍を、はるかな秋田の田んぼの片隅から願うばかりである。

| | コメント (6)

昨日の事

どうもパソコンが動かない。俺の体調に連動しているようで動かないのだ⁉️大した記事ではないのだけれど、ほぼ毎日のように更新しているので、ブログをアップしないと落ち着かない。そこで慣れないタブレットを使い昨日の事を記述させて頂く。

朝方は晴れていた。予報では☁️→☔だったのに?八時半から、叔母さんの集落から、道路の草刈りや補修の普請の案内を受けていた。だが、昨日のような体調でもあり、欠席をすることにした。要するにサボる事にしたのだ。

それまでは、出劣り金を出して普請は免除されていた。しかし、普請は人が出なければ作業が出来ない。どこの集落でも同じように、人が少なくなっている。だからこれまでのようにはいかなくなっているのだ。

普請は休んだが、妻は田んぼにヒエ取りに行くと言う。それならばと俺はその田んぼの畦の草刈りに出掛けた。作業も長袖が良くなってきた。

午後には予報通りに雨になった。従兄弟から電話があった。いいコンバインが見つかったので見てくれと。俺は機械に疎いから任せると言ったのだか、やはり一応確認してくれとの事だった。

田植え機械とコンバインは従兄弟と共同で使っている。どれも高額だし、でも稼働日数からして一人では負担も大きいからだ。そのコンバインがここ数年、故障しがちだったし、ゆうに償却年数も越えている事から、中古のコンバインを探していたのだった。

4条刈で210万円らしい。そこで見に行ったのだか、まだ7~8年のもので、まだまだもう10年は利用出きるとの事から、購入を決めた。新品なら4~5百万はする。もう10年は果たして農業出来るかは分からないが、負担も一人百万円だ。年間20万円を5年で払えば良いので決めたのだ。

今の時代、機械なしでの農業は出来ない。来週にはそのコンバインが動き始める予定である。

| | コメント (4)

ネットが繋がらない?

きょうの記事を書いて下書きし、アップしようとしたのですが、ネットに繋がりません?なのでタブレットに向かっています。

Dscn6449

今朝の明け方の空です。天気予報は☁️→☔なのに、天気予報は当たらないなと

思ったのですが、午後から雨になりました。

| | コメント (2)

朝寝して、昼寝して・・・

午前4時頃、目が覚めた。その後、再び寝に入った💤明け方は涼しい事もあって寝るのも気持ち良い!ところが、変な夢を見ていた。走って走っていてやがて空に向かって飛んだ・・・そこで目が覚めた。飛ぶ夢と言うのは、何かから逃げ出したい、その願望があるからだと聞いた事があった気がする???

目覚めたら7時、防災無線から市民歌のメロディが流れていた。こんなに遅くなったことは久しぶりの事。程なく朝食を摂った。

きょうは昨日に続いて叔母さんの田んぼの畦の草刈りを予定していた。ところが予報にはなかったのに、風が強いしそれに日も差している。昨夜の予報では明け方に☂、その後は☁であったのだが・・・その風のため、網戸にするのもほどほどだ。だから家の中は27度前後。どこかしら苦しい。その網戸もさらに風に開けられたり・・・それにもめげずに咲いているのは、アルストロメリア、遅咲のムクゲ。

Dscn6385

Dscn6396

新聞を読んでいるとウトウトとして来た。飲んでいる薬で眠気が差すかもしれないとは言われていた。多分にそのせいもあったかも知れないが眠い。そのうちに風が強いことに言い訳にしながら、洋間で椅子にごろんとなった・・・眠っていた。どこかしらおかしい・・・血圧を計ったら105~59。いつもよりも低い・・・

パソコンを開いていたら・・・あれっ?頭の上の照明器具が揺れている。すぐにテレビをつけたら太平洋側で地震だった・・・

なかなか風が収まらなかった。網戸が寄せられるほどの風。パーゴラの上の簾が飛ばされていた。こんな風も、少なくともパーゴラを作って以来ない強さだ。

 

茨城にいる娘の家から梨が送られて来た。この季節、毎年送られて来る。

Dscn6447

昼にはさっそく頂いた・・・瑞々しい”豊水”だ。

Dscn6446

昼食を摂ったら、またまた睡魔が・・・

また同じように寝た。起きたら午後3時を過ぎていた。2時間近く寝ていたことになる。また血圧計を腕に当てて計った。109~67、まだ低い。この血圧の低いのが眠気の原因だったのか・・・???結局は朝寝して昼寝して、眠るための1日になってしまった。夕方になっても収まりを知らない風。その中を木々に散水。俺の血圧は122~80にアップしていた。

Dscn6391-2

ごくりと呑んだのは、妻の作ったシソジュース。炭酸を加えてゴクリ😃

Dscn6443

勝手に咲いているミズヒキソウ。どんどん庭にはびこって、今年は引き抜いたはずだが、俺の手を免れたものが赤くなっている。

まだまだ昼の風が残っている。こんなに眠った俺・・・夜に眠れるだろうかナ~

 

| | コメント (6)

ちょぺっと”秋”

ここ2~3日・・・窓から入って来る夜の風は肌寒い程だ。だから眠るには良い塩梅。それ故か、俺が今朝目覚めたら5時半・・・どうやら夏<秋かな。

日中も気温は30度以下。それに風もあるから爽やかな感じでもある・・・

Dscn6438 

貯水池である長潟に映る空も何だか・・・夏<秋。水止板を確認し、水門に向かった。

昨日は増水で橋がまったく分からなかったのだが・・・

Dscn6404_20200911211501

    昨日 ☟  きょう

Dscn6421

・・・という事で奥の水門に辿り、きっかりと閉じた。

Dscn6426

Dscn6410

畑の上には鳥追いの模擬鳥が飛んでいる。

Dscn6431

Dscn6441

妻のフラワーアレンジメントも少し”秋”、家の中も夏<秋。

Dscn6445

新聞の折り込みチラシはもう暖房器具の宣伝だ・・・

Dscn6400

9月も半ばに入る。秋田はちょぺっと(ちょっぴり)「秋」になったかナ~

 

 

 

 

| | コメント (6)

«大水